2011年03月11日

白砂糖の恐怖@

私が、お菓子作りにはまり始めの頃、
ほぼ半年、毎日、お菓子を作っていた時期がありました。

その当時は、
白砂糖、グラニュー糖、上白糖を、
がんがん使いまくって、
ひどい時には、
1か月で、3kgもの白砂糖を使いきったこともありましたあせあせ(飛び散る汗)

そして、
気がついたときには、
便秘、冷え、肌荒れ、肩こり・・・
何だか、体調悪い・・・・
もちろん、
体重も増えましたダッシュ(走り出すさま)


こりゃいかん!
だけど、
お菓子作り&お菓子を食べること目は辞めたくない!
ということで・・いろいろ調べてみたら・・・


まず、
白砂糖は、そもそも、さとうきびなどのしぼり汁を精製したもの。
化学薬品(石灰、アンモニアなど)を使って真っ白にね。
精製過程で、さとうきびが本来持っている、ビタミン、ミネラルはほぼ皆無になりますので、白砂糖自体に、
糖分意外の栄養素はありません。

なので、
白砂糖は「空のカロリー食品」とも言われているんですよね。



さて・・
一番問題なのは、
白砂糖が体内に入って、消化吸収される過程で、
体内のビタミンB、カルシウムが必要になるため、
それらを、
白砂糖が、奪ってしまうこと。




ミネラル、カルシウムなどが多量に砂糖に使われることで、身体全体のバランスが崩れ免疫力が低下して、炎症しやすくなったり、風邪をひきやすくなったり、精神的にも、イライラ、飽きっぽい、などなど・・・
様々な症状が。

ビタミン、ミネラルは脂肪の代謝にも関わります。
大変あせあせ(飛び散る汗)


まだまだありますよ。
腸壁のバリアー機能、免疫機能低下させる。
血液の粘度を高め、細胞・組織を老化がく〜(落胆した顔)させる。
免疫機能低下によるアレルギー症状が発症しやすい。
冷え、むくみ、便秘etc・・・・・・・・・・・・・・・


ただ、
あくまでも、
食べすぎた場合ですが。



ちなみに、
アメリカでは、一日平均摂取量が、一人160g
日本では65g
と言われていますが、
数年前にNHKが放映した小学5・6年生を対象にした調査では、1人1日、約210gもの砂糖を摂っていることが分かったとのこと・・・

缶コーヒー1缶には、18g
アイスクリーム1つには15g
も含まれています。
ケチャツプや、ジャムなどにもね。

食べてないつもりでも、
意外に摂取してる可能性高いですよね。


さてさて、
砂糖については、
まだまだ書き足りないですが、
今日はこの辺で手(パー)



また、
次回詳しく書いてみようと思います。




にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村











【関連する記事】
posted by コハナ at 20:15| Comment(0) | 砂糖について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。